皆さんはハルウララを覚えていますか?
競走馬にも関わらず一勝もできないことが話題になり、そのまま引退した馬です。
戦績は0勝113敗だったそうです。
ニュースで、ハルウララのその後報道されていました。

ハルウララは、乗馬クラブに引き取られ、ホースセラピーとしてデビューしたとのことです。
子供たちと触れ合いながら、第二の人生(馬生かな?)を過ごすことになったとのことです。
人々に癒しを与えて、人の世に貢献しているとのことです。

神様はハルウララへ、"あなたは(レースに勝つことではなく)人々に癒しを与えなさい"という天命を与えたのでしょうか?
ニュースを見ながら、ハルウララは、何かメッセージをくれていると思いました。
ディープインパクトのような存在になって世の中に貢献する方法もある。
一方では、ハルウララのような貢献もある。
馬でも自分に合った役立ち方があることをハルウララを教えてくれている。

いわんや人間をや。
すべての人が天命をもって生まれてきているという。
このことをどう自覚するかで、自分のあり方、経営のあり方が大きく異なってくると思いました。
今日はハルウララが先生でした。ハルウララ、ありがとう。